本県に本格的な陸上シーズン到来を告げる第49回県ロードレース花巻大会は2日、花巻市の日居城野運動公園陸上競技場を発着点とする公認花巻ハーフマラソンコースで行われ、中学の男女など3種目で大会新が生まれた。

 中学男子(3キロ)は武田和馬(滝沢南3年)が9分10秒、中学女子(3キロ)は若狭愛友奈(あゆな)(見前2年)が10分6秒、女子10キロは及川誌月(しづき)(花巻東高2年)が38分0秒のそれぞれ大会新で優勝した。

 一般男子は岩井優也(紫波郡陸協)、高校男子は八重樫尚輝(専大北上3年)、女子5キロは今月盛岡四高に入学する川村那実(岩手陸協)が制した。

...    
<記事全文を読む>