8月にロンドンで開かれる陸上の世界選手権の男子マラソン代表に選ばれた公務員ランナー川内優輝選手=県庁=が3月31日、地元の久喜市を訪れ、田中暄二市長に出場することを報告した。

 田中市長からお祝いの言葉とエールを送られた川内選手は「(3回目の世界選手権出場に)三度目の正直。目標はメダルを狙う」と意気込みを語った。

 年末年始にロンドンで試走した川内選手。過去の世界選手権で現地へ応援に訪れている田中市長に「ロンドンの良い所を回るコース。応援もしやすい」と説明した。

 現在、県立久喜高校定時制事務職員として勤務しながら1日20キロ、1週間で140キロ走っているという。2020年の東京五輪出場を期...    
<記事全文を読む>