陸上の日本選手権などで活躍した女子100メートル障害の青木益未(環太平洋大)が、4月から実業団の七十七銀行(仙台市)で飛躍を期す。生まれ育った岡山を初めて離れる22歳は「新鮮な気持ちでまた思い切り陸上に取り組みたい」と心機一転、3年後の東京五輪出場を目指す。

 青木は創志学園高1年時にインターハイ100メートルを制すなど、高校まで同年代屈指のスプリンターとして鳴らした異色のハードラー。環太平洋大で100メートル障害に転向し、日本学生個人選手権を3連覇したほか、2014年仁川アジア大会にも出場。日本選手権は15、16年と2年連続で3位表彰台に立った。

 大学卒業後は岡山で競技を続ける道も模索...    
<記事全文を読む>