バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は29日、二戸市総合スポーツセンターなどで8試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは同地区で優勝を決めている群馬に55-73で敗れた。岩手は3連敗で15勝42敗となった。群馬は37勝20敗。

 岩手は第2クオーターに連続12失点し、21-32で前半を折り返した。第4クオーターにPF/Cドナルド・ローソンのシュートなどで一時8点差まで迫ったが、終盤に連続得点を許した。

 中地区は首位の西宮が2位FE名古屋を85-73で退けて41勝16敗とした。西地区の2位争いは熊本が広島に84-74で勝ち、ともに43勝14敗となった。

 岩手は30日も同センター...    
<記事全文を読む>