バスケットボール男子・Bリーグ3部ファイナルステージ(29日)首位に立っていた金沢武士団(サムライズ)は北九州市総合体育館で2位のライジングゼファーフクオカと対戦、62―83で敗れた。2連勝すると優勝が決まる大一番の1戦目で、王手をかけられなかった。金沢はフクオカと6勝1敗で並んだが、直接対決の勝率が低いため、2位となった。

...    
<記事全文を読む>