仙台の残留プレーオフ出場が決まった。A東京との力の差はやはり大きく、後半失速し完敗。主将志村は「自分たちが招いた結果として受け止めないといけない」と厳しい表情だった。

 第3クオーター、内外でバランス良くパスを回され、連続失点し引き離された。3点シュートは8本中6本も決められた。日本人エース田中の個人技のレベルの高さも見せつけられた。攻めては、相手の圧力が強くパスが回らず、成功率の低いジャンプシュートが増えた。このクオーターを終え20点差。最終クオーターを待たずに勝負は決した。

 前半はリードを許しながらも1桁点差でしのいだ。しかし、徐々に焦りが募り守備から崩れた。志村は「今季を象徴するよ...    
<記事全文を読む>