逆転勝ちでB1残留に華添えた! 東地区4位のレバンガ北海道は敵地で同5位の秋田ノーザンハピネッツと対戦。序盤は秋田にペースを握られ第3クオーター(Q)を終え48―61とリードを許したが、第4Qに追い付き、延長の末90―85で勝利した。通算成績は22勝34敗でリーグ通算14位以上を確定させ、B1残留が決定した。

 レバンガは4点差、1点差で辛勝した10、11日のホームでの対戦同様に秋田に苦戦を強いられた。前半を終え2点シュートの成功率が3割以下とミスが目立ち、点差を広げられた。

 だが、第4Qの2分すぎに52―68とされた直後、Cバチンスキーがジャンプショットを決めると、レバンガは反撃に転じ...    
<記事全文を読む>