プロバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は29日、来季のB1残留を決めた。昨年秋に華々しく開幕したBリーグだが、レバンガは運営会社の経営立て直しのため、ぎりぎりの選手人件費でシーズンに臨まざるを得なかった。けが人続出で前半戦は苦しい戦いを強いられたが、各選手の奮闘で見事に劣勢をはね返した。

 Bリーグは、昨季まで分裂していたナショナルリーグ(NBL)とTKbjリーグを統一した国内最高峰リーグ。18チームで競うB1がトップで、15位以下だとレギュラーシーズン後に2部(B2)上位と入れ替えを懸けたプレーオフに回る。この日、レバンガは全体の13位以上が確定した。

 Bリーグ最...    
<記事全文を読む>