仙台の柳川が攻撃の幅を広げている。今季は1試合平均4.8得点だが、22、23両日の千葉戦で2試合連続2桁得点。「リングにアタックする意識を強めている。シュートを外しても引きずらず、気持ちを切り替えられるようになった」と手応えを口にする。

 ドライブからのレイアップが得意の得点パターン。しかし、B1では200センチを超える選手がマークに付くことも。ドリブルで相手を置き去りにし、やすやすとレイアップを決められるほど甘くなかった。

 千葉戦で変化が見られた。ドライブを仕掛けた後、ゴール下で急ブレーキ。いったんリングに背を向けフェイントを入れ、ジャンプシュートを沈めた。完全に相手を抜けなくてもシュ...    
<記事全文を読む>