バスケットボール男子、B1東地区6位、リーグ全18チーム中18位(下位4チームは残留プレーオフ出場)の仙台は29、30の両日、仙台市のゼビオアリーナ仙台で、東地区2位のA東京と戦う。28日は同市のHALEOドームで約1時間半にわたって練習した。

 守備でプレッシャーをかける際の連係を確かめた。対戦形式のメニューでは、柳川が鋭いドリブルから好機をつくっていた。

 A東京との対戦成績は6戦全敗。間橋監督は「残留プレーオフに向けてチームをつくらないといけない時期。A東京の強みを消そうとするのではなく、自分たちのプレーの精度を上げることを考える」と語った。

...    
<記事全文を読む>