バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の信州ブレイブウォリアーズは29、30日に千曲市戸倉体育館で中地区3位のアースフレンズ東京Zと対戦する。既に同6位(最下位)が確定している信州にとって今季最後のホーム試合となる。

 信州は前節に中地区1位の西宮から1勝を挙げて上り調子。じっくりと攻めてロースコアに持ち込む東京Zに対し、武井らの走力を生かしたスピードのある展開に持ち込めるかが鍵だ。信州が連勝すればホーム開催では約4カ月ぶり。主将の斉藤洋は「低迷している成績でも応援してくれているブースター(ファン)に勝利を届けたい」と臨む。

...    
<記事全文を読む>