◎熱戦ハイライト 22日の千葉戦は、無力感を覚えるほどの大敗だった。23日の2戦目もショックを引きずった。3点シュートを許さないことを戦略の柱にしていたのに、その努力が足りなかった。

 1戦目の第2クオーター残り約9分。千葉の素早い攻撃でマークがずれる。パスを回され、ストーンにきれいな体勢で3点シュートを打たれた。片岡のストーンへの寄せは一歩遅れたし、伊藤に対してネパウエがもっと強く体を当てていれば、ストーンへのパスを乱せたかもしれなかった。

 さらにその後、2本連続で3点シュートを決められた。いずれも、シュートを打つ選手への寄せが甘かった。一瞬一瞬の気の緩みだ。3連続3点シュートでビハイン...    
<記事全文を読む>