全日本実業団バスケットボール選手権を3年ぶりに制し、一層の高みを目指す秋田銀行女子バスケットボール部に今春、新戦力が加わった。小林彩花(23)=東京・文化学園大杉並高―松蔭大出、高橋芙由子(22)=秋田市出身、愛知・桜花学園高―白鴎大出、柏詩乃(18)=潟上市出身、宮城・聖和学園高出=の3人だ。小林と高橋は即戦力としての活躍が期待され、柏は将来が楽しみな有望選手だ。

 センターの小林は身長181・5センチで、チーム一の長身。ゴール下を縦横無尽に駆け回るフットワークの良さが魅力で、高さを武器にシュートやリバウンド争いで力を発揮する。小笠原真人ヘッドコーチ(HC)が「学生時代のプレーを見て一...    
<記事全文を読む>