プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区3位=26勝28敗)は23日、大阪府の府民共済SUPERアリーナで大阪エヴェッサ(同2位=26勝28敗)と今季第55戦を行い、62―83で敗れた。完勝した22日の第1戦とは打って変わり、第1Q(クオーター)から大阪の厚い守備に攻撃が乱された。大阪がインサイドへの攻撃を起点に外の3点弾を絡めると、琉球は守備の警戒が定まらずに精細を欠いた。第2Qでスクリーンを絡めた津山尚大の3点弾などで立て直し掛けたがリズムはつかめず、22―38の大差で前半を折り返した。後半も思うようなプレーができないキングスは焦りやいら立ちでファウルが重な...    
<記事全文を読む>