バスケットボール男子Bリーグの青森ワッツは23日、前橋市のヤマト市民体育館前橋で、東地区優勝が決まっている群馬クレインサンダーズと対戦し、85―78で勝利した。通算成績は25勝31敗で、順位は同地区5位のまま。

 前半を38―38の同点で終えたワッツは、後半に内外を効果的に使った攻撃を展開し、白星を挙げた。第3クオーター(Q)には、カイル・バローンがゴール下で攻守ともに奮闘。1人で13得点を挙げると、第4Qには、主将の下山大地が3点シュートを4本決める活躍で点差を広げ、勝利を引き寄せた。

 ワッツは29、30日、青森市のマエダアリーナで同地区4位の山形ワイヴァンズと対戦。ホーム最終節となる...    
<記事全文を読む>