バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区5位の富山グラウジーズは23日、富山市総合体育館で同地区2位の三遠ネオフェニックスと対戦し、66-71で惜敗した。通算成績は16勝39敗。シーズンは残り5試合。

 リーグ全18チーム中、通算勝率15位以下の4チームで行うB1残留プレーオフへの出場回避争いでは、富山は順位を一つ下げて、再び下から3番目の16位となった。

 富山は第1クオーター、岡田が2点シュートで先制点を挙げると、水戸がスティールからシュートを沈め、ウィラードが要所で相手のシュートを防ぐなどして流れを引き寄せた。第2クオーターはピットマンが何度もリバウンドを奪い、ウィラードがダンクシュ...    
<記事全文を読む>