バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は22日、北上市の北上総合体育館などで9試合が行われ、東地区最下位が決まっている岩手ビッグブルズは同地区2位の福島に68-74で競り負け、連勝は2でストップ、40敗目(15勝)を喫した。福島は29勝26敗。

 26-35で前半を折り返した岩手は後半、相手の速攻を封じることで流れをつかみ、第4クオーターには一時2点差にまで迫った。しかし、要所でのミスが響き逆転できなかった。

 西地区首位の島根は愛媛に77-61で快勝し、46勝9敗とした。中地区トップの西宮は87-73で信州を下して40勝目(15敗)を挙げた。東地区の優勝を決めている群馬は92-82で...    
<記事全文を読む>