バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区5位の富山グラウジーズは22日、富山市総合体育館で同地区2位の三遠ネオフェニックスと対戦し、84-76で逃げ切った。対三遠戦は初勝利で、通算成績は16勝38敗。シーズンは残り6試合。

 リーグ全18チーム中、通算勝率15位以下の4チームで行うB1残留プレーオフ(PO)への出場回避争いでは、富山は順位を一つ上げて下から4番目の15位。15位だった横浜ビー・コルセアーズが敗れたため。マジックは6。

 前半から富山のペースで試合が進んだ。第1クオーターは水戸や岡田らが次々にシュートを決め、要所でスティールするなどでチームを勢いづけた。第2クオーターは岡田が...    
<記事全文を読む>