バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は22日、広島サンプラザホールなどで第28節9試合があった。西地区5位の香川ファイブアローズは同2位の広島と対戦。シーソーゲームの末81―89で競り負けた。2連敗で通算成績は17勝38敗。

 香川は20―23の第2クオーター序盤にフォーブス、タプスコットの得点で逆転。大沢や近の激しいプレスで主導権を握ったが、中盤以降はファウルが増えて追い上げられた。終了間際には、判定に抗議したナバーロヘッドコーチがテクニカルファウルを取られ、このフリースローを決められて42―41の僅差で折り返した。

 第3クオーターに再逆転を許し、64―67で迎えた最終クオーターは...    
<記事全文を読む>