バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは22、23の両日、天童市の県総合運動公園アリーナで茨城と対戦する。今節が今季ホーム最終戦。1勝5敗と分の悪い相手だが、主将のシューティングガード佐藤正成(山形南高出)は「最後まで勝利にこだわり、情熱を前面に出していく」と気合を入れる。

 山形は21日、試合会場で調整した。前節は最下位の岩手に2連敗。その結果、茨城と勝率で並び、直接対決での成績が劣るため、順位は3位から4位に下がった。今節は棟方公寿ヘッドコーチが家庭の事情を理由に欠場し、石川裕一アシスタントコーチ(AC)が指揮を執る。

 直近の10試合の成績は山形が3勝7敗...    
<記事全文を読む>