静岡県バスケットボール協会の川村修会長は21日、会長職の辞職届を県体育協会(会長・川勝平太知事)に提出したことを明らかにした。県が同協会に「事務執行が不適切」として是正を勧告したのに対し、県の示した期限までに協会としての是正措置を示せなかったことなどを辞職の理由に挙げた。

 同協会は基金の扱いや一般社団法人への移行手続きなどを巡り、川村会長側と渡辺正知理事長ら事務局側の対立が続いている。会長側の杉山明宏副会長も同日までに辞職届を出した。今後は川村会長と杉山副会長が不在の中、協会内で法人移行などに向けた手続きが進められる見通し。

 県は「規定に反した会計処理や意思決定が行われ、使途不明の支出...    
<記事全文を読む>