バスケットボールの第40回日韓学生競技大会(5月19~21日・東京都大田区総合体育館)に出場する全日本学生選抜女子チームの15人に、徳島市出身の藤本愛妃(19)=東京医療保健大2年、小松島中-桜花学園高出=が選ばれた。

 藤本は178センチのセンター。得点力と高さを買われ、選抜チームの2年生3人のうちの一人に選ばれた。32チームが争った昨年11月の全日本大学選手権ではトーナメント戦全5試合に出場し、チーム4番目の計38得点で東京医療保健大の準優勝に貢献した。

 3月にはU-19(19歳以下)日本代表候補の合宿にも参加した藤本は「日本の勝利に貢献し、次の代表選出につながるようアピールする」と...    
<記事全文を読む>