Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズはアウェーで青森ワッツと対戦し、68―78で敗れた。通算成績は28勝26敗で、順位は変わらず東地区6チーム中2位。

 福島は第1クオーター(Q)で先制点を許すと主導権を握られ、9点差で第1Qを終えた。第2Qに入るとボーズマンらの積極的な攻撃で一時逆転したが、流れを引き寄せられず、前半を29―38で折り返した。

 11点差で迎えた最終第4Qは、シャノンの得点や輪島の3点シュートなどで得点を重ねたが、点差を詰めることはできなかった。

 福島は次戦の22日、アウェーの岩手県・北上総合体育館で岩手ビッグブルズと対戦する。午後6時開始予定。

...    
<記事全文を読む>