プロバスケットボールB1第28節は16日、各地で8試合を行い、東地区首位の栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同4位の北海道に57-63で敗れた。通算成績42勝11敗、順位に変動はないが、同2位のA東京が敗れたため地区優勝マジックは3に減った。また、西地区首位の三河が勝利したことで、ブレックスのリーグ全体勝率は3位に落ちた。

 試合開始3分間、お互いにシュートが決まらず重い立ち上がりとなった。第1クオーターは田臥勇太(たぶせゆうた)のレイアップなどわずか8得点。第2クオーターはトミー・ブレントンがミスマッチを突いて得点するなど一時同点としたが、2点を追って前半を折...    
<記事全文を読む>