バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は16日、山形県天童市の県総合運動公園総合体育館などで9試合が行われ、東地区最下位の岩手ビッグブルズは山形を72-63で破り、連勝を飾った。通算15勝39敗。山形は26勝28敗で4位に落ちた。

 岩手は前半を32-37の5点差を許し折り返した。第3クオーター終盤に、PF沢地サミュエル・ジュニアのシュートで52-51と逆転。第4クオーターはG/F沢口誠が8点を決めるなど20点を奪い、差を広げた。沢口はこの試合18点を決め連勝に貢献した。

 東地区優勝を決めた群馬は68-87で茨城に敗れて35勝19敗となった。西地区首位の島根は96-72で鹿児島を下し...    
<記事全文を読む>