バスケットボール男子のBリーグは15日、東京・代々木第二体育館などで9試合が行われ、東地区3位の千葉が延長の末に87-81で同2位のA東京に勝ち、36勝16敗とした。第4クオーター終了間際に追い付き、延長では石井、ストーンの3点シュートなどで突き放した。A東京は38勝14敗。

 東地区首位の栃木は78-68で北海道を下して42勝10敗。中地区優勝の川崎は富山を78-63で退け、44勝9敗。同2位の三遠は横浜に勝って28勝24敗、同3位のSR渋谷は新潟を下して27勝25敗とした。西地区制覇を決めている三河は96-82で琉球に勝って42勝目(10敗)を挙げた。大阪は名古屋Dを下し、25勝2...    
<記事全文を読む>