【水戸=入山亘、佐藤秀樹】バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の東地区で優勝マジックを「1」としていた群馬クレインサンダーズは15日、水戸市の青柳公園市民体育館で茨城ロボッツとの2連戦の初戦に臨み、後半に畳み掛けて86―71で勝利した。通算成績は35勝18敗で地区優勝を決め、1部昇格を懸けた他地区とのプレーオフに一番乗りした。

 序盤は一進一退の攻防となったものの、サンダーズはミスから相手に主導権を渡して前半を35―44で折り返した。後半に入ると守備の対応を変えたことが奏功し、カウンターから得点を重ねた。最終クオーターは相手に遠目からシュートを打たせてリバウンドを拾い、攻撃の手を緩め...    
<記事全文を読む>