バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区最下位の富山グラウジーズは15日、川崎市とどろきアリーナで同地区優勝を決めている川崎ブレイブサンダースと対戦し、63-78で敗れた。通算成績は15勝38敗。残りは7試合となった。

 全18チーム中、通算勝率の下位4チームで行うB1残留プレーオフ(PO)の出場回避争いで、富山は下から3番目の16位にいる。この日の敗戦で残留PO出場へのマジックが点灯した。

 富山は第1クオーター、水戸の活躍で14-18と粘ったものの、第2クオーターはわずか7得点しかできず21-40と一気に点差を離された。第3クオーターもファウルやターンオーバーをして主導権を握れず39-...    
<記事全文を読む>