バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区最下位の富山グラウジーズは14日、川崎市とどろきアリーナで同地区優勝を決めている川崎ブレイブサンダースと対戦し、83-80で逆転勝利した。対川崎戦で初勝利を飾り、通算成績は15勝37敗となった。得点、リバウンド、アシストの3部門で2桁をマークしたウィラードが、宇都に次ぐリーグ史上2人目となる「トリプル・ダブル」を記録した。

 全18チーム中、通算勝率15位以下の4チームで行うB1残留プレーオフへの出場回避争いでは、富山は下から3番目の16位。富山に点灯していた残留プレーオフ進出へのマジックは消えた。

 富山は第1クオーター、相手日本人選手の精度の高い...    
<記事全文を読む>