◎熱戦ハイライト 8日のA東京戦は、強豪を58得点に抑えながら敗れた。もったいないという言葉以上に、勝ちたかった試合だった。わずかな守備のほころびから流れを明け渡してしまった。

 35-21の第3クオーター、ギャレットに速攻を浴び、レイアップを決められる。さらに次の守りで、竹内にオフェンスリバウンドを奪われ、そのままシュートを押し込まれた。

 速攻でギャレットのドリブルを強く印象付けられた。次の守りでは、ギャレットのドライブに対し、菊池らが寄り過ぎてしまったのが始まり。フリーのバランスキーにパスを出され、3点シュートを打たれた。シュートは外れたが、ネパウエは、竹内に対するボックスアウト(ゴー...    
<記事全文を読む>