日本バスケットボール協会は11日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで行われるバスケットボール日本代表候補重点強化選手による強化合宿メンバー30人を発表した。道内関連では、西川貴之(レバンガ北海道)と初の代表候補入りとなる玉木祥護(筑波大―札旭丘高)の2人が選ばれた。

 合宿は代表候補を2グループに分けて行う。前半グループが18、19日で、西川、玉木が参加する後半は25、26日の予定。

...    
<記事全文を読む>