プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズは八、九の両日、守山市民体育館で琉球ゴールデンキングスと対戦し、一勝一敗だった。通算成績は十三勝三十八敗で、西地区最下位の六位が確定。全体では同勝率の仙台89ERSを直接対決の得失点差で上回り、前節終了時より順位を一つ上げて十七位となった。

 八日は73-75で惜敗した。第4クオーター(Q)に狩野祐介選手が3点シュート三本を含む13点を挙げ、28-21と追い上げたが届かなかった。エースのジュリアン・マブンガ選手が徹底マークに遭い、7得点と抑え込まれた。

 九日は89-88で競り勝った。同点の残り〇・四秒でマブンガ選手がフリースローを決めて...    
<記事全文を読む>