バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)で西地区首位の島根スサノオマジックは8日、熊本県立総合体育館で第52戦を行い、同3位の熊本ヴォルターズに64-66で競り負け、通算43勝9敗となった。熊本と4ゲーム差となり、残り8戦でプレーオフ進出マジックは変わらず「5」。対戦成績2勝4敗と負け越しが決まり、勝敗で並んだ場合は熊本が順位で上回る。

 島根はミスが多くリードを許した。最終クオーターは横尾らの3点シュートなどで追い上げ、残り4秒で同点としたが、突き放された。同2位の広島ドラゴンフライズが勝ったため、地区優勝マジック「6」も変わらなかった。

 第53、54戦は15、16日、松江市の鹿島総合...    
<記事全文を読む>