バスケットボール男子のBリーグは8日、船橋市総合体育館などで8試合が行われ、東地区3位の千葉が同首位の栃木に92-80で快勝し、35勝15敗とした。栃木は40勝10敗。

 千葉はストーンらの活躍で前半を52-34で折り返し、後半も富樫を起点に攻撃の手を緩めなかった。東地区2位のA東京は58-51で仙台との接戦を制し、37勝13敗とした。西地区トップの三河は86-70で名古屋Dに勝ち、40勝目(10敗)を挙げた。中地区1位の川崎は三遠を72-63で下し、43勝8敗。◆堅守速攻徹底し快勝 「タフに選手が頑張ってくれた」。久々の本拠地での手応えある勝利に、大野ヘッドコーチは笑顔を見せた。東地区...    
<記事全文を読む>