バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は8日、新青森県総合運動公園マエダアリーナなどで9試合を行い、茨城ロボッツは青森に延長戦の末85-80で惜敗し、9試合を残してプレーオフ進出の可能性が消えた。通算成績は24勝27敗、順位は東地区4位のまま。この日、同地区首位の群馬が勝利し、通算成績を33勝18敗とした。残り試合でロボッツが全勝、群馬が全敗し勝率が並んだ場合、直接対決の勝率で順位を決めるが、今季ロボッツは群馬に4戦全敗しており、残り2試合ある直接対決で全勝しても優勝が不可能となった。全3地区の2位以降の中から勝率トップの1チームが得るワイルドカードも、ロボッツはすでに可能性が無かっ...    
<記事全文を読む>