バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は8日、群馬県の伊勢崎市民体育館などで9試合が行われ、東地区の岩手ビッグブルズは同地区首位の群馬に65-85で敗れた。通算13勝38敗となり、9試合を残して地区最下位が決まった。群馬は33勝18敗。

 岩手は第1クオーターで16-26とリードを許したが、第2クオーターにG永田晃司の3点シュートなどで逆転。前半を41-39で折り返した。しかし、第3クオーターに連続失点で突き放されると、終盤の反撃も及ばず押し切られた。

 西地区3位の熊本は同地区首位の島根に66-64で競り勝ち、39勝13敗とした。島根は9敗目(43勝)。広島は鹿児島に112-81で大...    
<記事全文を読む>