仙台が石川、ホワイトをけがで欠く中、優勝候補のA東京に善戦はした。しかし、勝ち切るまでの力はなく、残留プレーオフ回避争いで前進することはできなかった。

 13点リードで迎えた第3クオーターの大失速だけが悔やまれる。守備のギアを上げてきたA東京に対し、単純なジャンプシュートが増え、速攻を浴びリズムを失った。特にA東京のエース、ギャレットは「前半と目の色が違った」(片岡)。鋭いドライブから得点、アシストと自由自在で、全く止められなかった。

 マッチアップしたのは守備に定評のある片岡。周りの選手の助けがなければ抑えられない面もあった。それでも片岡は「自分がもっとプレッシャーをかけられていれば、結...    
<記事全文を読む>