プロバスケットボール(Bリーグ)を運営するジャパン・プロフェッショナル・バスケットボール事務局は5日、男子2部の群馬クレインサンダーズに2017-18年シーズンの1部ライセンスを交付すると発表した。ホームアリーナのヤマト市民体育館前橋(前橋市上佐鳥町)について、収容人数5000人確保がライセンス交付条件となっていたが、所有する市が整備の意向を示し、見通しが立ったことが決め手となった。◎前橋市がホームの整備意向 5000人収容に 交付決定を受け、サンダーズを運営する群馬プロバスケットボールコミッション(前橋市)の宇留賀邦明社長が5日、市内で記者会見し、「市をはじめ関係各位に感謝する。開...    
<記事全文を読む>