バスケットボール男子、Bリーグ1部はレギュラーシーズンが残り1カ月となった。仙台は現在、東地区最下位、リーグ全体でも18チーム中17位と苦戦が続く。今後も上位チームとの対戦が続き、リーグ下位4チームによる残留プレーオフ(PO)回避は難しい状況だ。

 仙台は13勝36敗で14位秋田、15位横浜(共に15勝34敗)を2勝差、16位富山(14勝35敗)を1勝差で追う。PO回避には14位浮上が求められるが、横浜、富山とは直接対戦の得失点差で劣り、仮に勝率で並んでも順位は仙台が下になる。

 残り試合は11だが、仙台はこれまで1勝13敗と大きく負け越している東地区上位3チームとの対戦を8試合も残してい...    
<記事全文を読む>