B1の現役最年長選手、レバンガ北海道の折茂武彦(46)は5日、「来季も現役を続けるつもり」と話し、現役を続行する意向を明らかにした。社会人24季目の今季、ここまでの全49試合に出場し、チーム2位の441得点、3点シュートの成功率はチームトップの45・7%の数字を残している。

 折茂は以前、「このくらいの結果を出しているのであれば(来季も)プロ選手でいていいのかなと思う」と話していた。

...    
<記事全文を読む>