バスケットボール男子のBリーグは5日、東京都内で理事会を開き、2017~18年シーズンに向けた第2回の資格審査を行い、継続審議となっていたレバンガ北海道の1部(B1)参入申請を承認した。

 レバンガは3月の第1回資格審査で財務状況の確認が終わっていなかった。大河正明チェアマンは理事会後の記者会見で「レバンガには債務超過の解消をお願いした」と説明、資金繰りに関する資料の継続的な提出を求める考えを示した。

...    
<記事全文を読む>