バスケットボール男子Bリーグ1部で中地区最下位の富山グラウジーズは2日、富山市総合体育館で同地区3位のサンロッカーズ渋谷と対戦し、79-70で快勝した。通算成績は14勝35敗で、順位は変わらない。

 富山は序盤、惜敗した1日の試合とは打って変わって互角の戦いを展開。第1クオーターで17-17の同点とすると、第2クオーターではピットマンがリバウンドから、城宝がスティールからそれぞれシュートを決めるなど、終盤に連続得点して6点リード。37-31で前半を折り返した。

 後半も富山の攻守が共に機能した。ウィラードが要所で相手のシュートを防ぎ、小原やピットマンがリバウンドでボールをキープ。城宝や宇都...    
<記事全文を読む>