バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)で西地区首位の島根スサノオマジックは2日、ホームの松江市総合体育館で第50戦を行い、同2位広島ドラゴンフライズに69-76で敗れた。プレーオフ進出、地区優勝のマジック対象チームとなっている、同3位熊本ヴォルターズも敗れたため、両マジックは一つ減り、残り10戦で「7」となった。

 島根は相手に19本の攻撃リバウンドを許しペースをつかめず、連勝が「3」で止まった。通算42勝8敗で、地区首位のまま、広島と3ゲーム差、熊本と4ゲーム差となった。

...    
<記事全文を読む>