バスケットボールB1第26節は2日、各地で8試合を行い、栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で東地区2位のA東京を76-73で下し、連勝を8に伸ばした。通算成績40勝目(9敗)を挙げ、A東京とのゲーム差を4に広げた。地区優勝マジックはリーグ規定により三つ減って7になった。

 ブレックスは第1クオーター、竹内公輔(たけうちこうすけ)や須田侑太郎(すだゆうたろう)の活躍で19-18。第2クオーターは相手外国人センターに手を焼き、同点で前半を折り返した。

 後半も一進一退の攻防となったが、3点リードで迎えた第4クオーターにライアン・ロシターが3本の3点シュートに成功。終盤の...    
<記事全文を読む>