バスケットボール男子のBリーグ2部は第25節第3日の2日、各地で8試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで群馬と対戦し、78ー73で競り勝ち、連敗を4でストップした。通算成績は25勝25敗で、順位は3位のまま。首位の群馬とのゲーム差は7に縮まった。

 山形は高橋祐二、村上駿斗(山形南高出)、佐藤正成(同)、小島佑太、ゲイリー・ハミルトンが先発した。前半は、外国人選手を中心に得点を挙げる相手に対し、スチールやリバウンドを起点にした速攻で対抗。31ー34で折り返した。後半は高橋のドライブ(ドリブル突破)などで勢いに乗り、第4ピリオド終盤に逆転。その後は...    
<記事全文を読む>