バスケットボール男子のBリーグは1日、横浜国際プールなどで9試合が行われ、中地区首位の川崎が同5位の横浜を85-68で退けて40勝8敗とし、地区優勝を決めた。西地区制覇の三河に続いてリーグ2番目。既に年間王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップ進出は確定していた。

 川崎は38-43で折り返した第3クオーターに27点を奪って逆転。その後もファジーカスを軸とした攻撃で点差を広げた。最終目標へチーム一丸 川崎が今季5戦目となる横浜との神奈川ダービーマッチを制し、中地区優勝を決めた。北卓也ヘッドコーチは「まだ通過点。最終目標に向けて一つ一つステップアップしてほしい」と冷静に受け止めた。

 簡単...    
<記事全文を読む>