プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区5位=22勝25敗)は1日、沖縄市体育館で名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(同2位=23勝24敗)と今季第48戦を行い82―76で競り勝ち、2位の大阪とゲーム差なしの4位に浮上した。

 第1クオーター(Q)は両チームが点を取り合う接戦となった。第2Qの序盤まで互いにリードを奪い合う展開になったが、キングスはダブルチームなど積極的な守備でリズムをつかみ、津山尚大の3点弾などでリードを広げた。

 45―32で迎えた第3Qも守備が機能してリードを維持した。しかし第4Qに名古屋Dが3点弾で猛攻を仕掛け、一時は3点差まで詰め寄られた。キン...    
<記事全文を読む>