バスケットボールB1第26節は1日、各地で9試合を行い、栃木ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で東地区2位のA東京に80-66で勝利を収めた。7連勝で通算成績39勝9敗、順位は東地区首位のまま。2位A東京とのゲーム差を3に広げ、地区優勝マジック10が点灯した。

 第1クオーターは互いに守備の集中力が高く、15-18とややロースコアの展開。第2クオーターに入るとライアン・ロシターのロングパスから田臥勇太(たぶせゆうた)が速攻を決め、渡辺裕規(わたなべひろのり)が2本の3点シュートを沈めるなど39-31とリードして試合を折り返した。

 後半は連続失点を喫して一時逆転されたが...    
<記事全文を読む>