サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は22日、開幕。徳島県鳴門市ポカリスエットスタジアムなどで1回戦13試合が行われ、本県代表のMD長崎は徳島県代表の徳島セレステを2-1で下し、昨年に続く2度目の出場で初勝利を飾った。

 初出場のいわきFC(福島)はノルブリッツ北海道(北海道)に8-2で大勝。J3勢では長野(長野)や初出場の沼津(静岡)が勝ち進んだ。

 今大会から開幕時期が前倒しされ、J1とJ2の40チームは6月21日の2回戦から登場。MD長崎は長野県松本市の松本平広域公園総合球技場でJ2の松本と対戦する。決勝は来年元日に埼玉スタジ...    
<記事全文を読む>