サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は22日開幕して岐阜県長良川球技メドウなどで1回戦13試合が行われ、本県代表の新潟医福大が岐阜経大(岐阜)を3-1で下し、天皇杯初勝利を挙げた。

 新潟医福大は前半20分にFW矢村が右足で先制した。一度は同点に追い付かれたが、後半24分にゴール正面からFW林が蹴り込んで勝ち越し、さらにロスタイムにもMF霞の得点で突き放した。岐阜経大は守備の甘さが目立った。

 初出場のいわきFC(福島)はノルブリッツ北海道(北海道)に8-2で大勝した。J3勢では長野(長野)や初出場の沼津(静岡)が勝ち進んだが、秋田...    
<記事全文を読む>